テニスのダブルスで勝つ方法!平行陣の戦術とパターン

テニスのダブルスで試合に勝つ方法や戦術で用いられるのが、サーブ&ボレーやリターンダッシュでネットを取る平行陣という2人でネットプレーをする形です!ボレー対ストロークのパターン持ち込み相手にプレッシャーをかけてミスを誘います。

 

今回は、テニスのダブルスの試合で勝つ方法として、平行陣での戦術とパターンを例を挙げて紹介します!

 

ダブルスは反応やセンスのゲームではありません。どれだけ経験をして頭を使って戦術やパターンに相手をはめていくかのゲームなのです。ビックショットは必要ないですし、サーブとリターンとボレーさえ打てればきちんとダブルスで勝つことが出来ますよ♪

テニスのダブルスの戦術!試合に使える平行陣のパターン

あなたは、何をするためにサーブやリターンを打ってからネットプレーに出ていますか?なんとなくネットに近い方が有利だからではポイントは取れません!

 

どんな戦術でどんなフィニッシュをするのかそのポイントのパターンを考えて、ペアと共有したうえでポジションを分担しなくてはいけません。シングルスではネットプレーに出る=ポイントを終わらせるということでしたが、ダブルスでは相手も2人いるので少し意味合いが変わってきます。(関連記事:シングルスのネットプレーのセオリーとコツ

 

では、ダブルスの試合で明日からでも使える平行陣のポイントパターンを具体的に見ていきましょう♪

ダブルスの試合で勝てる平行陣の戦術とパターン

まず、ダブルスで平行陣の形をとることはポイントの主導権を握ることを意味します。ボレー対ストロークのラリーを思い出してください!ストローカーはボレーの速いテンポに遅れずについて行くだけでも精いっぱいですよね?つまりダブルスでは2ボレーの形にもっていくことがスタートなのです。

 

平行陣の形をつくることが出来たら、後はポイントを始める前にペアと共有したラリーの展開にもっていくだけです。そのパターンや戦術で明日からでもできるものを2つ紹介します。

 

1つ目は、わざと後衛側に浅くファーストボレーを打つパターンです。これは低く浅くがベストですが、もし浮いてしまっても大丈夫です。もし浅く低くボレーが言った場合相手はネットを越すためにボールを持ち上げなくてはいけないため、すくい上げるような打ち方になるでしょう!そうしたら返ってくる球は力のないセンター付近の球かスライスロブしかありません。そうしたらポーチかスマッシュで決めましょう。

 

また、もしボレーが浮いてしまったら相手は絶対に強打をしてきます。そんな時はロブがないので2人でネットぎりぎりに詰めて、足元に打ち込まれないようにしてミドルボレーを待って構える隙を与えずにボレーを返しましょう。

 

このパターンは相手にわざとチャンスを与えて、打つ球を限定させるというテクニックです!飛んでくる球の予測さえできていれば球出し練習と変わりませんからね!

2つ目は、とにかく後衛側もしくはどちらか一人にボレーを返して2対1の形を作るパターンです。これはダブルスの王道の戦術です。2人でネットを取ったら相手が雁行陣の場合は後衛に向かってとにかくボレーで粘りましょう!ボレストの時点で有利なのに、それが2対1になったら負けるはずがありません。いつか必ず相手がミスをするか、ロブをあげるのでスマッシュを待っておいてフィニッシュです!

 

もし相手がツーバックやツーアップの形なら、下手な方を狙ってチャンスが来たら上手い方に向かって思いっきりエースを取りましょう。そうすることで相手のペアは崩壊し試合をその後も有利に進めることが出来ます!

 

ブライアン兄弟のダブルスは学べることだらけですから一度は見てみて下さい♪

テニスのダブルスの試合に勝つ方法と戦術まとめ

さて、ダブルス平行陣の戦術やパターンを考える上で大事なのは2人でいかに相手が打てる範囲を守るかと相手のショットをいかに限定させるパターンを作るかです。

 

2人で1面を守れば良いわけですから、シングルスよりも自分が待っておくべきボールは少ないです。また、相手にどんな球を打たせるのかを自分の守備範囲内で考えればいいので簡単に思い通りのパターンをじつげんすることが出来るのです!

 

平行陣のポジションをとれたら、好きなように展開して相手を困らせましょう。相手はなぜ自分たちの打つボールのところにあなたたちがいるのか不思議でしょうがないはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. プロテニスの世界でも最近はシングルスのネットプレーを見る回数は減りました。しかし、安定したストローク…
  2. テニスのサーブでトスの位置は何よりも重要です。サーブの種類がスライス、スピン、フラットどれを打つにし…
  3. テニスのダブルスの試合において勝つか負けるかは、2人のポジショニングと動きにかかっています。なぜなら…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP