テニスのダブルスの上達法!前衛がポーチを決めるコツ

テニスのダブルスにおいて、前衛が動いてポーチを決めるパターンは王道の必勝パターンと言えます。ダブルスのサービスキープは前衛の動きやポジションの良し悪しで決まるともいわれています!しかし、一般のダブルスではチャンスでもポーチに出れない人を多くみます。

 

今回は、テニスのダブルスの上達法として、前衛がポーチを決めるコツについて紹介します。試合に勝つ方法としては確実に必要なパターンです!

 

あなたはダブルスの前衛で動きやポジション等のフェイントやポーチでペアのサーブを助けることが出来ていますか?ポーチに出てもミスをしているようではサービスキープは遠くなってしまいますよ…。

ダブルスの試合に勝つ方法!決まるポーチのコツと上達法

ポーチの練習方法やセオリーは多々あります。どんな時に前衛が動いてポーチをするのかというのをまず知らなくてはいけません。

 

ポーチは先ほども言いましたが、ペアの負担を減らすために代わりにボールを打つことを意味します。例えば、良いサーブが入ったときは返ってきたリターンを決めてあげるとか、サーブの後のファーストボレーやストロークが不調そうな時は代わりに自分がボレーに出てあげるとか攻撃的な意味も、守備的な意味も持つショットなのです!

 

サーブが良いところに行って相手の体勢が崩れる=リターンがコート中央に甘く返ってくる、ペアのファーストボレーやストロークの調子が悪い=相手は必ずペアに打たせようとクロスに打ってくると相手のショットをペアと2人で読んでポーチをすることが大切なのです。

 

では、他にはどのようなコツがポーチを決めるにはあるのでしょうか?

ポイント間でペアとの意思疎通を取ろう!

ポイント間でペアとの意思疎通を取ろう!

ダブルスでポーチを決めるコツ、問題は練習方法やタイミングではない!

さて、あなたはポーチに失敗した時何を考えますか?普段の練習方法が悪かったんだ、ポーチに出るタイミングが速かったんだ等々思うことは多いかもしれませんが、それは小さな小さな問題でしかありません。

 

決まらない大きな原因は、どんな場面でポーチを選択したかです!つまり、ダブルスの試合でポーチを決めるコツはどの場面でポーチに出るかを見極めることなのです。

 

先に2つほど具体的に紹介したので分かると思いますが、例えばサーブの後にポーチに出るなら、相手のリターンが甘くなるとか、クロスに返ってくるとか限定出来る時に出るのがコツなのです。よくセンターにサーブを打ったらポーチなんて言いますが、もしセンターに甘いサーブがいったらリターンはどちらに打ちやすいですか?リターンは大半逆クロスに打つよりも引っ張ってストレートに打つ方が打ちやすいものです。つまり一概にセンターにサーブを打ってポーチに出るのが正しいとは言えないのです。

 

相手のセンターのリターンが下手で真ん中にしか返ってこないからとかいうのであれば全然いいのですが、相手のセンターのリターンが上手なのにバカの一つ覚えの様に繰り返してストレートに抜かれ続けるのはどうかと思いますね。

テニスのダブルスの試合に勝つ方法まとめ

このように、ポーチが決まらないと悩んでいる方はどこにボールが返ってくるのかわからないのに出ていくのが最大の原因なのです!

 

正直、しっかり観察すればこっちにサーブを打てばここら辺にしかリターンが返ってこないとか、フォアハンドストロークを深いところで打たせたらロブしか来ないとかどんな人にでも1つは特徴や癖があるものです!

 

それを見抜いて、相手が自分のポーチのしやすいところに打ってくる確率が高い時に出るのがポーチを決めるコツなのです♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの試合で意外と重要なのがリターンゲーム。そのリターンゲームをいかに良くするかは相手の絶対的な武…
  2. テニスの試合でスマッシュを打つチャンスが来ても、なかなか決めきれないでまたロブが上がってくることがあ…
  3. テニスでフォアハンドストロークには回転をグリグリにして重い球を打ちたいと思う方も多いと思います。確か…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP