テニスのボレー上達法!ラリーを安定させて続けるコツ

テニスで最もシンプルで簡単なショットは、ボレーでしょう!面の向きがあっていればコースを打ち分けることが出来、自分で威力を生み出さなくても相手の球のスピードを生かして打てるからです!しかし、一般的にボレーが苦手で安定しない人が多いのも事実です。

 

今回は、テニスのボレーの上達法として、ボレストのラリーを安定させるコツについて紹介します!

 

ボレーの上達を妨げているのはもしかしたらあなたの苦手意識かもしれません!もう一度基礎からしっかりと反復練習を積み重ねれば、コントロールも威力もついたボレーが打てるようになりますよ♪

テニスの上達法!ボレー対ストロークのラリーを安定させるコツ

さて、練習メニューでボレー対ストロークの時にボレーが苦手な人はラリーを安定してつなげることが出来なくて、申し訳ない気持ちになっていると思います。続いても2球とか、球出しの後から横にボールが逸れてしまったり、真ん中にボールが当たらないためにボールがドロップみたいになってしまったり…。

 

それでも気を遣ってフォームを崩してでもラケットに何とか当ててぽわーんという感じのボレーを返して続けようとするという悪循環。ぽわーんというボレーを打っていてはボレーが安定するわけありません!

 

ボレーはラリーでも相手のボールの勢いを利用して低く鋭く打つのが大切なのです。
Dodig & Melo v the Bryans

ボレーを安定させてラリーをつなげるコツ

さて、ラケットがボールと上手く当たらない、当たってもどこにボレーが飛んでいくかわからないという人はボレーの何が間違っているのでしょうか?

 

今から紹介する打ち方のコツが出来ていれば、全てのボレーがラリー相手のところにぴったりと返るようになるはずです。

 

そのコツとは、「テイクバックをボールが飛んでくる軌道に合わせること」、「打ちたい方向にふみこむこと」、「低く構えてリズムよく動くこと」の3つです。

 

まず、テイクバックについて。テイクバックは飛んでくるボールの軌道に合わせて打点の面を作ったまま状態を股関節から軽く横向きにターンするだけです。この時に構えた状態から手は全く動かしません。股関節や膝の曲げ具合で高さを調節してください。この時にとにかく相手の打ったボールの軌道をなぞってボールが戻っていくようなイメージを持つことが大切です。

 

次は、踏み込みについて。テイクバックも完了してボールのところに移動出来たら、テイクバックで出来た面をそのまま打ちたい方向に対して後ろから前に向かって歩くように体重移動してボールを打ちます。この時に踏み込んだ足が横に出ていたり、打ちたい方向に出ていなかったりするとスイングの方向が間違ってしまい、真ん中に当たらない原因になります。

 

最後は、リズムです。スプリットステップと先に挙げた2つのコツを滑らかに1・2・3とリズムよく行うことが大切です!ボレストのラリーはテンポが早いので、ずっとラリーが続いている間は足がリズムよく動いていることを確認してください。止まっている時間はないはずですよ!

テニスのボレーの上達法まとめ

テニスのボレーは確かにいろいろなものを付け加えようとするならタッチセンスやたくさんの練習量が必要になりますが、基本に忠実に打つのならとてもシンプルなショットです。

 

ボールに対して打ちたい方向の真後ろをラケットの真ん中で打てば良いだけです。そのためのテイクバックや踏み込みなのです。とても簡単な仕組みですので、とにかく相手にいつでも面が向いているのかを確認しながら上の動画のフェデラーのようにリズムよく動いてみてください!

 

ボレーを磨いて、いつでもミスなくコントロールできるようにしましょうね♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのフォアハンドストロークを打つ際に、腰を回転させて打つとコーチに指導されることが多いようです!…
  2. テニスの試合のポイントの大半が、サーブとリターンで終わることをご存知ですか?つまり、リターンが得意と…
  3. テニスでリタ―ン側で構える時、あなたはフォアとバックどちらのグリップの握り方で構えていますか?また構…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP