テニスのリターン上達法!ネットミスが多い苦手な人へ

テニスでリターンが苦手な人は意外と多いです。ラケットに当たるところにサーブが入ってもネットやアウトをしたり、チャンスボールをリターンしてしまいます!これは、ただリターンの練習方法が間違っていたり、練習量が少なかったりするだけです。

 

今回は、テニスのリターン上達法として、リターンが苦手でネットミスが多い人の対処法について紹介します。相手のサーブが返らないからと言って、ラケットをボールに当てに行くともっと惜しくない場所にボールが飛んでいき、悪循環に陥りますよ!

 

リターンはボレーと同じように相手のボールの勢いを使って打つショットです。そのため、スイングスピード等は関係ないので、あなたもプロの様に鋭い深くコントロールされたボールを打つことが可能ですよ♪

テニスの上達法!リターンが苦手でネットミスが多い人へ

リターンのミスではネットが多い人とアウトが多い人に分かれます。どちらも自分がどんなミスをしていて、それがなぜなのかを理解できれば本当はコーチに教わる必要なく直すことが出来るはずです!

 

なぜなら、先にも書きましたがリターンはボレーと同じ仕組みでボールを飛ばしているからです!つまり、自分の面がどこに向いていて、ラケットのどこにボールが当たっているかさえわかっていればネットでもアウトでも同じミスが続くことはないのです。

 

あなたは、リターンのネットミスが多いと思ってこの記事を読んでいるはずです。ではネットミスの中でもどんなミスが多く、それらはどのように改善できるのかを具体的に見ていきましょう。
Julia Glushko (ISR)

リターンが苦手でネットミスをしてしまう場合の対処法

さて、リターンのネットミスにも大きく分けて2つのパターンがあるとおもいます。勢いよくネットの白帯付近に当たるミスか辺りがカスカスでネットの下の方に引っかかってしまうミスかです。

 

前者の当たりは良いのだけどネットの白帯の付近にネットしてしまう場合は、かなり良いリターンを打っている可能性が高いです!なぜなら、当たりが良い=ラケットの真ん中で捉えられているということですし、ネットの上の方に当たっているということはあながち面の向いている方向も間違っていないし、タイミングも大きくはずれていないからです。

 

この場合は、多少サーブに対して打点が遅れてしまっている場合が考えられます。気持ち打点が前になるようにタイミング良くボールを捉えるようにしましょう。もしくは、テイクバックで打点の面が作れているかを確認してください。(関連記事:リターンのテイクバックの仕方とは?

 

後者の当たりも悪いし、全然ボールが飛ばずにネットの下段にミスをしてしまう場合はいろいろなミスの原因が考えられます。まず、ボールが飛ばない=真ん中に当たらないわけです。また、ネットの下段にカスカスの当たりで飛んでいく=テイクバックも打点も踏み込むタイミングもあっていない、面が下を向いているということです。

 

つまり、リターンの基礎が全くなっていないわけです。そんなあなたはこれから正しくリターンを打つためにも正しいステップと正しいテイクバックと正しい打点と踏み込みを覚えてください。(関連記事:リターンの基礎と打ち方のコツ

テニスのリターンの上達法まとめ

このように、自分のリターンのミスは何が多いのか、原因はどこにあるのかを知らなくてはいけません。

 

リターンに限らず、ミスをした時には自分で分析してそれを直すことが大切です。それでうまくいけばボールは入るようになりますし、もし分析が間違っていたら練習をつづけても直らないだけなのです。

 

それのトライアル&エラーを繰り返していくことが上達のためには必要なのです。何度失敗しても、改良を加えてください!最終的にはシンプルにまとまるはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでバックハンドストロークに苦手意識がある方はとても多いです。しかし、バックハンドはフォアハンド…
  2. テニスでレシーブが上手い選手と言えば、錦織やマレーやジョコビッチが挙げられるでしょう。この3選手は決…
  3. テニスのサーブは雑誌や動画サイトでも多く取り上げられる、多くのジュニアからシニアまでのテニスプレーヤ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP