テニスのレシーブ上達法!初心者でも安定する練習方法

テニスでレシーブが上手い選手と言えば、錦織やマレーやジョコビッチが挙げられるでしょう。この3選手は決してレシーブでステップインして強打をするだけでなく、返球率が軒並みはずれて高いことでリターンゲームを取ることが出来ています。

 

そこで今回は、テニスのリターン上達法、初心者でも安定してコートに返す練習方法を紹介します!

 

サーブレシーブは返せない球が来る場合ももちろんあります。相手のサーブが良いコースに来たらいくら練習していても返すことはできません!しかし、返せる範囲に来たサーブをレシーブで自分からミスをしてしまうのはもったいないですよね?触れるボールは全部レシーブを成功させられるように練習しましょう♪

関連記事:テニスのレシーブの打ち方とコツとは…

テニスの上達法!初心者でもレシーブを安定させる練習方法とは?

あなたは、レシーブの練習にどのくらい時間を割いていますか?実際練習でレシーブだけのメニューをしていない人も多くいて、ポイント練習や試合でのみレシーブをしている人がほとんどでしょう。

 

これは、レシーブは相手のサーブの強さに依存するから、触れないサーブが来る可能性もあるのだからそんなショットに時間を割かないという理由や、サーブが武器で絶対にキープできるからリターンゲームは適当でいいんだという理由があるのかもしれません。

 

しかし、レシーブは練習すればするだけ上手くなりますし、1度コツさえつかんでしまえシンプルに相手のコートに返る確率が上がります!

 

では、レシーブを安定させるための練習方法とコツをお教えしましょう♪

サービスレシーブを安定してミスなく返すコツと練習方法!

レシーブを安定させるためには、まずなぜあなたのレシーブミスが起きているのかを考える必要があります!自分なりでかまいませんのでどんなミスが多いのか、ネットなのかアウトなのか、それはなぜ起こるのかについて考えてみてください。足が動いていない、打点が遅れてしまう等様々な原因が見つかるでしょう。

 

レシーブが安定する練習方法やコツとしては、「垂直なラケット面を打点の高さにテイクバックすること」、「リズムよく打ちたい方向に踏み込むこと」、「相手のサーブの軌道と同じように返すこと」の3つです。

 

まずは、テイクバックについて。これが、レシーブを安定させる一番重要な部分です。なぜなら、準備の時に面の角度や打点の高さがずれていては思ったところに飛ばせないどころか、ラケットの真ん中に当たるかどうかも分からない状態になってしまうからです。ラケットの面の向きだけがボールの飛ぶ方向を決めますし、テイクバックの高さがボールとの当たり方を決めます。まっすぐにボールに当てるためにはこの2つのテイクバックの要素が重要なのです!

 

次に、スイングについて。レシーブのスイングはテイクバックさえできてしまえばほとんどボレーに近く当てるだけです。スプリットステップ、フォアかバックかを判断して股関節をターンする、打点と共に打ちたい方向に踏み込むを1・2・3とリズムよく行うことが大切です。このことについては他の記事にまとめましたので参考にしてください♪

関連記事:リターンでリズムよく踏み込むことの重要性

 

最後に、練習方法について。テイクバックやスイングのリズムが出来たら、どこを狙ってレシーブの練習をしておけば試合で生きるのかを考える必要があります。私の意見ですが、まずは相手がサーブを打ってきたポジションに向かって素直に同じ軌道で返す練習をすると格段に安定感が増します。テイクバックで飛んできたサーブの真後ろにラケットの面を用意して、そのまま踏み込むと同時に打点をしてタイミングがぴったり取れるように反復するのです!

レシーブはコンパクトでシンプルに、相手のサーブに逆らわずに勢いを使うのがポイントですよ♪

テニスのレシーブの上達法まとめ

レシーブはとにかくシンプルに打ちたい方向に面を向けて打点と同じ高さから平行にスイングすれば、絶対に相手のコートに返るショットです。ストロークの様にテイクバックもスイングもしなくていいのです。コツさえつかめばとても簡単なショットなのです!

 

ですので、この3つのポイントについて気を付けてください。スプリットステップをして、軸足を決めるとともにテイクバックは高さと面を意識して、最後サーバーの足元めがけて面を崩さずにレシーブをしましょう。

 

上手くいけば、サーバーの足元にサーブと同じくらいのスピードでスパーンとリターンが飛んでいくはずですよ♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの戦術の中にはバックハンドの肩より高い打点を狙うというものがあります。そうすることでチャンスボ…
  2. テニスでは、ストロークのグリップの握りが厚い、もしくは薄いことでメリットやデメリットがあります。フォ…
  3. テニスのサーブ練習をする際に、手首の使い方が議論されているのを見かけました。確かに手首のスナップが効…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP