テニスのリターンの上達法!セカンドはポジションを前に

テニスで大事なのはどのショットをいつ、どこからどこに打つかです。それはサーブのリターンでも同様で、ファーストは完全なディフェンスですが、セカンドになればリターンから展開してゲームを有利に支配することが出来るようになります。

 

今回は、リターンの上達法として、セカンドサーブの時にポジションを前にする効果と打ち方のコツを紹介します!

 

あなたは相手のサーブによって構える位置や打点するポジションを変えていますか?サービスゲームをブレイクするためには、積極的に前にステップインしてリターンしていくことが重要です!コツを掴めば誰でもできますよ♪

テニスの上達法!セカンドのリターン位置を変える効果

プロの選手でもファーストとセカンドでリターンの構える位置を変える選手がほとんどです。セカンドになるとベースライン付近までポジション上げて相手のセカンドサーブが甘くなれば叩いてチャンスを作ります。

 

リターンの位置を変える効果は2つあります。1つ目は、自分がリターン後にニュートラルもしくはオフェンスからラリーが始められること。本来コートの後方からファーストサーブを返球するとディフェンスからラリーがスタートします。しかし、ポジションを前にするとリターンが上手くいけばオフェンス側に一気に回れますし、リターンで攻められなくても自分のポジションは前にあるのでニュートラルからラリーを展開できます。

 

2つ目は、相手の精神面や視覚面で影響を与えられること。まず、相手はリターンのポジションが前になるのを見るとナーバスになります。甘いところにサーブが行ってしまったら叩かれるというプレッシャーがかかるからです。また、サーバーから見てあなたとの距離が極端に変わると視覚が混乱し、サーブが入りにくくなります。

 

このような2つの効果を持つセカンドサーブでのリターンの位置の前進のコツはどのようなものなのでしょうか?本当に自分で出来るのでしょうか?

セカンドサーブはチャンス!!

セカンドサーブはチャンス!!

セカンドサーブでリターンのポジションを前にしたときの打ち方のコツ

結論から言ってしまうと普段のリターンと大切なポイントは同じです!構える位置はベースライン上からラケット1本分前くらいまでにしましょう。

 

その位置からスプリットステップをして、テイクバックをシンプルに面の向きと高さを合わせ、打点で踏み込むという1・2・3のリズムが速くなるだけです!距離が近いだけサーブが飛んでくるのも速いですからね。この辺りのリターンの基本については下の参考記事を読んでいない方はまず読んでから先に進みましょう。

参考記事:リターンの打ち方の基礎とコツ

 

それ以外のセカンドサーブのリターンのコツとしては、「ボールが跳ねる・曲がる前に打つこと」、「打てても打たないこと」の2つが挙げられます!

 

まずは、打点のタイミングについて。セカンドサーブになると相手はスピンサーブやスライスサーブなどの回転量の多いサーブを使ってきます。すると跳ねたり、曲がったり意外とファーストサーブよりも返しにくいサーブが飛んできます。

 

ですので、それらの変化が大きくなる前に跳ね際で腰の高さになるくらいのところで抑えるように打点をとりましょう!跳ねてきた後を打とうとすると打点が高くなりすぎてミスにつながります。

 

次に、ボールを打つ意識について。セカンドサーブで特に甘いサーブが来ると叩き込んでやろうと欲が出ます!確かにそのボールは打ち込めるボールかもしれませんが、もしそのリターンをコントロールして簡単にポイントをものに出来るのであれば、リターンの一発の強打はいりません。リターンは本来守備のショットですから第一目標はコートに返すことなのです。

 

そのセオリーを無視したリスクを上げ過ぎた攻撃はミスにつながり、意外とそういうポイントが大切な分岐点になっていたりするのです。

テニスのリターン上達法まとめ

このように、セカンドサーブのリターンは打ち過ぎることなく、でも攻撃的に自制を保って打つ必要があるのです!

 

リターンゲームを精神的にも、ポイント的にも有利に主導権を持って進めるには、セカンドサーブでコートの前に入る技術は絶対に必要です。打ち方も特別なことはありませんので、練習で混ぜるようにしましょう!

 

あなたはリターンゲームで主導権を握れていますか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスの球出し練習というと基本の地味なメニューと思われがちです。しかし、球出し練習は、プロでもフォア…
  2. テニスにおいて、スライスは守備的なショットで自分が不利な状態になったときにニュートラルなポジションに…
  3. テニスのサーブで一番大事な打点を決めているのはあなたのトスアップです。ストロークではフットワーク良く…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP