テニスのボレー上達法!バックハイボレーを叩くコツ

テニスのネットプレーで一番対処に困るのはバックハイボレーではないですか?フォアハイボレーなら叩いて相手の取れないところにコントロール出来ても、バックの高い打点のボレーを叩くことが出来ずにミスショットになってしまうなんて人も多いと思います。

 

今回は、テニスのボレー上達法として、バックハイボレーを叩くコツを紹介します!

 

コツさえつかんでしまえば後は練習あるのみです。しかし、コツがわからないまま漫然とバックのハイボレーばかり練習しても上達しません。また、イメージを持つためにプロのボレーの動画を見るのも有効ですね!プロの様にボレーをビシッと決めたいなら…

テニスの試合でバックハイボレーを叩くコツとイメージ

実はフォアのハイボレーよりもバックのハイボレーの方が、人間の身体の構造的には速くラケットを振れるようになっていると言います。しかし、実際はバックのハイボレーのスイングは弱弱しく、ボールを叩くどころかオーバーアウトしてしまうことがほとんどなのではないでしょうか?

 

良いイメージを持つためにも、少しプロのバックハイボレーを見てみましょう。

 

日本屈指のサーブ&ボレーヤーである鈴木貴男選手のこのバックハイボレーいかがでしょうか?良いイメージは出来たでしょうか?では具体的に、バックハイボレーを叩くコツをみていきましょう。

バックハイボレーを叩くコツ!打点・スイング

さて、今回ここで上げるバックハイボレーは動画のようなふわりと浮いてきたボールに対するボレーを指すこととします。少し勢いのあるボールはミドルボレーと同じように、振らずに面の向きと高さを合わせて打つようにして下さいね!

参考記事:ボレーの基本の打ち方とコツとは?

 

さて、相手から力のないボールがバックボレーの高い打点に飛んできたとき叩くコツは、「ボールを右肩よりも前で打点すること」、「スイングは鋭くすること」の2つです。

 

まず、打点について。大抵の人は打点が、右肩よりも後ろになってしまいボールが上に飛んで行ってしまうか、ラケットに当たらずガシャっとなってしまうのではないでしょうか?それは当たり前なことで、ラケットは右肩の真上では地面と垂直になり、それよりも後ろなら上を向くからです。また、右肩より後ろで打点をすると見えないのも理由のひとつです。

 

バックハイボレーは打点より低いところに叩きたいわけですから、多少面が下を向く前の方の打点でボールを捉えることが大切なのです。

 

次に、スイングについて。バックハンドハイボレーを打ち終わった時に自分のラケットが下の方まで流れてしまっているなら、叩くことが出来ていません。動画にもあったように、バックのハイボレーはラケットを打点に向かって加速させるためにスイングを止めることが重要なのです。スイングが止まると手は止まりますが、ラケットは慣性で動きますからね!

 

この2つのコツをマスターすれば、バックのハイボレーが叩けるようになり、今までつなぐだけになりパッシングを打たれるか、ミスかだったボレーで点を取れるようになるのです!

Roger Federer Volley High Semi BNP12 ©jfawcette 2192

テニスのバックハイボレー上達法まとめ

このように高い打点のボレーはコツとイメージがとても大切です。大抵の人は打点が後ろになりアウトするか、スイングが鋭くなくボールを切るように打つのでボールがふわふわっと返ってしまうのです。

 

ハイボレーは試合中も意外と大切な決めなくてはいけない場面で打つことが多いので、しっかりと普通のボレーとは分けて練習しておいた方が良いでしょう!大事な場面で打ち込めるくらいのレベルにはしておきたいですね!

 

後は練習あるのみです!プロのようなボレーを打ち込みたいなら…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. シングルスの試合で勝つために大切なのはサービスキープです。テニスではサーブからの展開で相手に主導権を…
  2. テニスのサーブで一番大事な打点を決めているのはあなたのトスアップです。ストロークではフットワーク良く…
  3. テニスでは、サーブのリターンの上手い下手がリターンゲームだけでなく試合全体の流れを決めます。そんなリ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP