テニスの上達法!壁打ちでのスマッシュの練習方法

テニスでスマッシュが苦手な人は多いです。練習量が少ないのが原因です。試合で使うショットとして頻度は少ないですが、ポイントをエースで取るために必要なショットです!ネットプレーに出てボレースマッシュやダブルスのポーチが決められたら勢いが出ますよね?

 

今回はテニスの上達法として、壁打ちでのスマッシュの練習方法(1人)を紹介します!本来スマッシュはとても簡単なショットなのですが、練習不足がゆえにメンタル的なミスを犯しがちです。

 

あなたも経験があると思いますが、なんでこんなにネットの近くからスマッシュを打っているのに、ネットミスやサイドアウトやオーバーアウトのミスを犯すのでしょうか?なんで簡単なボールがラケットではなくフレームにガシャっと当たるのでしょうか?プロの様に気持ちよく決めたいですね…

テニスのスマッシュを壁打ちで1人で練習する方法

普段スマッシュの練習というと球出しかストレートラリーでロブ対スマッシュの練習をするくらいでしょう!どちらも打つ球数としては、ストロークの1/10にも満たないでしょう。

 

もちろんスマッシュも打ち方は大切ですが、いくら打ち方を綺麗にしても練習量があまりにも少ないとなかなかラケットに当たりません!スマッシュの打ち方に関しては関連記事を参考にしてみて下さい。(関連記事:スマッシュの打ち方の基本とは?

 

しかし、スマッシュよりも練習しなくちゃいけないショットもたくさんありますよね!サーブやリタ―ン、ストロークがテニスの基本ですから、そこをおろそかにしてまでコート上でスマッシュの練習をするのはあまり得策とは言えません。

 

そこで、空いた時間にで出来る1人で壁打ちを使ったスマッシュの練習方法をこれから具体的に紹介します!

Winning smash

壁打ちで出来るスマッシュの練習方法・メニュー

スマッシュは、壁打ちを使って手軽に練習することが出来ます。また、この方法で練習しておくと試合になっても強くボールを上から叩きつけられるようになるので、普段スマッシュが強く打てないという方にもオススメです。

 

さて、やり方は慣れればいたって簡単です。まず最初はサービスラインやや前くらいからゆっくりと始めましょう。立った位置から壁の前0.5~1メートルくらいのところを狙ってボールを叩きつけます。そうすると地面→壁とボールが跳ね返り自分のいる所にちょうどロブのような弾道でボールが返ってくるはずです。これを繰り返します!

 

慣れてきたら強くたたきつけたり弱く叩きつけたりして、深いロブや浅いロブに対してのスマッシュの練習をしてみてください。メニューとしてはこれだけですが、シンプルにボールの落下地点を見つけて打点に向かってラケットを振りぬくというのが出来る様になるでしょう。

スマッシュの壁打ちを使った練習方法まとめ

このように、普段の対人でのオンコート練習ではあまり時間をさけない練習は、自分で工夫して1人で練習することが重要です!

 

家で出来ること、コート外で出来る事には積極的に取り組みましょう。チャレンジしただけ得る事は多いですよ。特にスマッシュは練習不足によるメンタル面の揺らぎが結果に顕著に出るショットなので、練習しておいて損はありません。

 

大事な試合の大事な場面でスパーンとスマッシュを決められるようになりたいものですね…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのシングルスの戦術の中でも最近ネットプレーは、点をとるかとられるかのリスクあるプレーになって来…
  2. テニスにおいてグリップの握り方は基本の中でも特に重要です!フォアハンドストロークやバックハンドストロ…
  3. テニスのサーブの中でもスピンサーブは上級者が打つサーブという認識が強いです。しかし、本当は誰でも打て…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP