テニスのボレー上達法!バックボレーの基本の打ち方

テニスではネットプレーでエースを取り、ポイントを終わらせるのが理想です。そのためにはフォアボレーとバックボレーを均等に基本に忠実に打てて、最後にスマッシュで決められるネットプレーの能力が必要になります。

 

今回は、テニスのボレーの上達法としてバックボレーの基本の打ち方を紹介します!

 

バックボレーは苦手意識がある人が多く、あまり飛ばないとかスピードが出ないというのが悩みでしょう。初心者はラケットの真ん中にボールを当てるだけでも一苦労でしょう!実は人間の身体の構造上バックボレーの方がフォアボレーより簡単なのです。プロの様に綺麗にボレーが打てるようになりたいですね…

テニスのバックボレーの打ち方の基本と上達法!

では、なぜバックボレーが苦手な人が多いのか。それは、単にフォアボレーから練習を始めることが多く、「難易度的にフォアボレーが出来たら次はバックボレーに進むんだ」という意識が出来てしまうからです!あとはフォアボレーが練習で出来る様になると、バックボレーを使わずにフォアボレーで多くのボレーをさばいてしまうため、バックボレーの練習量がかなり少なくなることも原因のひとつでしょう。

 

実際バックハンドボレーなら、ネットに対して横向きになった時にラケットを持っている利き手が前に来るので壁を作りやすくなるので安定するはずなのです。

 

つまり打ち方の基本さえしっかりと抑えて、あとは練習を重ねれば試合でネットプレーに出たときにフォアボレーもバックボレーもスマッシュも自信を持って打てるようになりますよ!

Roger Federer

バックボレーの打ち方の基本!飛ばない・当たらないの対策

初心者やボレーが苦手な人を見るとバックボレーは悲惨な打ち方の人が多いです。また、巷で言われているような「切るような」スイングをするボレーも間違いで、もう何十年も前のボレーの打ち方です。

 

しかし、マニュアル化された間違ったボレーの打ち方を教えているテニスコーチなんて数えきれない程いますね…。その通りにやっている生徒さんはバックボレーがなかなか飛ばない、面に当たらない、ボールがほわほわのボレーになってしまう等の悩みを抱えているはずです!

 

バックボレーの打ち方の基本は、「グリップの握り方」、「テイクバックの仕方」、「打点の仕方」に分けて説明できます。全体イメージとしては、飛んできたボールの真後ろにその軌道に対して垂直な面を当てるだけで、飛んできた軌道でボールを返す鏡のようなボレーが出来るようになるのが目標です!

 

まず、グリップの握り方について。これは基本ですね。サーブと同じコンチネンタルグリップからそれを軽く時計周りに回したくらいならOKです。もしその範囲内でないならすぐに変えてください!自己流ほど遠回りなものはないので。

 

次に、テイクバックの仕方について。テイクバックはボールの高さによって変えましょう。ボールは速ければより直線的に、遅ければ放物線を描いて飛んできます。つまり速いたま程ボレーは簡単です。飛んできているボール真後ろに打点と同じ面をセットしましょう。もしゆっくりとボールが落ちながら飛んでくるなら、その軌道を先読みしてボールの真後ろになりそうなところにラケットをセットしてください!

 

大抵の人は、このテイクバックの位置が雑でボールを上から切るようなスイングになりがちです。むしろ下からトップスピンがかかってしまうのではないかというくらいボールの下にラケットをセットしましょう!

 

最後に打点について。打点は手首と前腕とラケットが一直線になるところでとるのが基本です。この3つのパーツが1つになる様に心がけましょう!物理で習ったことですが、衝突で大きな力を生みだす一つの要因はその物の質量だからです。大きな質量をボールに加えることでスイングしないでもボールに勢いを伝えることができます。

 

目安ですが、大体肘の角度が120°くらいで脇が軽く空くくらいの右肩より前で打点をするのが理想です!グリップの握り方やハイボレー、ローボレーになればもう少し打点が前後しますが、その時も腕全体で壁を作るイメージさえあれば自然な打点が取れるようになるはずです。

バックハンドボレーの基本の打ち方まとめ

大体不得意なショットというのは、無駄が多いんです。何かが足りないのではありません。

 

周りから見ていれば分かることですよね?あの人はテイクバックが大きすぎるからストロークが苦手なんだ、あの人は無駄に足を曲げすぎだからサーブが苦手なんだとか。しかし、自分のこととなるとどうしても冷静に無駄を省くことが出来ず、どんどん付け足していく感じになります。

 

もし、自分のテニスを見直したいのであれば私が無料でやっているテニスの個別指導講座に入ってみてください…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのダブルスで試合に勝つ方法や戦術で用いられるのが、サーブ&ボレーやリターンダッシュでネットを取…
  2. テニスでスマッシュが苦手な人は多いです。練習量が少ないのが原因です。試合で使うショットとして頻度は少…
  3. テニスではグリップの握り方が薄いとか厚いという言い方をしますよね。テニス初心者の時にはストロークのグ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP