テニスのボレー上達法!足元のハーフボレーの上手な打ち方

ダブルスをしていると必ず足元に沈んでくるボールをハーフボレーやローボレーで打つ機会があると思います。そのボレーが浮いてしまい、相手の前衛のポーチにつかまることもありますよね!ハーフボレーはテニスの中でも最も難しいショットだと言われています。

 

今回は、テニスのボレー上達法としてハーフボレーの上手な打ち方のコツについて紹介します!コツさえつかんでしまえば、ハーフボレーやローボレーはミスせず、ネットすれすれの高さで返すことが出来る様になりますよ。

 

パッシングショットやリターンが上手い相手に対しては絶対に必要な技術ですので、ここで身に着けてしまいましょう!ボレーならプロのような綺麗なショットを打つことが誰でもできますよ…

テニスのハーフボレー上達法!上手な足元のボールの打ち方

ボレーは全般的にプロのようなパンチのある伸びのあるボールが打てるようになります。なぜなら、ボレーはテニスの中で最も単純な衝突現象によって生まれるからです!極端な話、フェデラーが打つボレーも一般人が打つボレーも仕組みは一緒なのです。

 

ストロークはスイングスピードやボールをこする感覚やスムーズに打点出来るゾーンの大きさがレベルによって変わってきますが、ボレーは誰でも打てるようになるのです!ストロークよりボレーの方が苦手という方は、苦手意識が刷り込まれているか練習不足かのどちらかでしょう!

 

動いているボールに対してほぼ止まっているラケットを当てる方が、動いているボールに対して動いているラケットを当てるより簡単なのは歴然としていますよね?

Roger Federer Brisbane International 2014

足元に沈むボールのハーフボレー・ローボレーの打ち方のコツ

さて、具体的にハーフボレーやローボレーの打ち方のコツを見ていきましょう。「テイクバックは地面すれすれに」、「トップスピンをかけるイメージで打つ」、「足を止めないで打つ」の3つです。

 

まず、テイクバックについて。テイクバックの位置を間違えるとハーフボレーに限らずボレーは失敗します。大体ローボレーやハーフボレーのミスが多い人はテイクバックの位置が高いです。低いボールが来たらとにかく低いところにラケットをセットしましょう。ローボレーならボールが放物線を描いて飛んでくる軌道の真後ろにラケットをセットし、ハーフボレーなら跳ねあがってくる地面すれすれの高さにラケットをセットしましょう。

 

次に、打点について。ここが間違いが多いところですね!ハーフボレーはネットより低いところから打つから面をやや上向きにしなくてはいけないと思っている方はボレーがほわほわに浮いてしまうと思います。なぜなら、ボールはバウンドしたら上向きに動くエネルギーを持っているからです。ガットとボールによる摩擦などもありますが、鏡の入射角反射角の話とほぼ同じです。

 

つまり、上方向に速度を持っているボールに対してラケットの面を垂直や上向きで当てたら、ボールは上に行って当たり前だと言うことです。ラケット面を少しかぶせるくらいのイメージを持っておくといいでしょう。

 

最後に、フットワークについて。ハーフボレーを打つときにその場で足が止まってしまい、ボールと一緒に跳ねている人を良く見かけます!ハーフボレーはボレーの中では攻撃ではなくニュートラルから守備のショットですので、次のボレーやスマッシュ等のネットプレーで有利になるところにボールをコントロールしてポジションをとることが大切になります。

 

つまり、ハーフボレーを打つときは足を止めずに流れる様に相手のオープンコートもしくは逆を突いて、その方向に詰められるようにするべきなのです。そうすれば、次のショットで相手のいないところにボレーを返すことが出来る様になるでしょう!

 

このように、テニスで最も難しいと言われているハ―フボレーやローボレーも基本に忠実に打てれば大したショットではありません。単純に練習不足というか打つ機会が少ないというだけなので、打ち方のコツを掴んだら少し反復練習をしてみてください!

 

ハーフボレーはトリッキーなショットのひとつですが、テニスの基本が詰まったショットでもあります。もしあなたがテニスをもう一段回レベルアップしたいなら…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブで相手をコートの外に追い出すために便利なスライスサーブはサーブの中で一番最初に練習する…
  2. シングルスの試合で勝つために大切なのはサービスキープです。テニスではサーブからの展開で相手に主導権を…
  3. テニスのバックハンドは両手打ち、片手打ち関係なく連続写真や動画などを見ると、手首をかなり使っているよ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP