テニスのストロークの練習方法!基礎練は質と量を重視!

テニスにおいて、ストロークの基礎練習の積み重ねはとても大切です。安定した回転がかかるストロークがフォアハンド、バックハンド問わず必要です。しかし、退屈な球出しによる練習方法が多く、多くのジュニアプレーヤーに対してはコーチが工夫して練習メニューをコントロールする必要があります!

 

今回は、ストロークの質と量を重視した練習方法を紹介します。

 

最初に断っておきますが、特別なことは何も必要ありません。どれだけシンプルに技術的なミスなくボールを捉え続けられるかが基礎練では試されます!

 

もしあなたが、フェデラーやジョコビッチのように綺麗にボールを打てるようになりたいなら…

フォアハンドやバックハンドストロークが上手くなる練習方法とは?

一番技術的な向上が見られるのは、地味ですが球出し練習です。球出し練習は、その場もしくは数歩動いたところでボールを打てるため技術的な改良をする初歩的な練習としては最高の練習です。

 

実はレベルの高い選手程球出し練習をしたがります。特別なラリー練習よりも、球出しで自分の技術が磨かれることが分かっているのでしょう。

 

私の持論としては、技術にこだわりすぎるのはタブーだと思っています。しかし、テニスにおいて「どこにでもある程度同じ質のボールを打てる技術」は絶対に必要です。ストレートには良いボールが行くんだけど、クロスには回転がかかりすぎたり飛んで行ったりして安定しないなんてことがあってはならないのです。最低限相手に攻め込まれない球が打てる打ち方が出来る様にするべきです。

 

その技術にこだわりすぎず、でも最低限の許容範囲内の打ち方でボールを打てるようになるためには何に気を付けて球出しの練習メニューをこなせばいいのでしょうか?

julia-gorges-288556_640

テニスのストロークの練習で気を付けるべきポイント

テニスのストロークにおいて気を付ける技術的ポイントは当サイトでも多くの記事でまとめています。しかし、端的にわかりやすくチェックリストとしてここに書いたことはありません。

 

ですので、私の運営する無料メルマガ+無料個人質問メール「テニスの上達個別指導講座」にてチェックリストを、無料でプレゼントしています。これはストロークに限らず、サーブ、ボレー、スマッシュ、リターン等のテニスの基本ショット全ての技術的チェックポイントをわかりやすくシンプルにまとめたものです。

 

無料ですので講座に入って、是非普段の練習や家でのフォームチェックにお使いください。

 

そのチェックリストの中で挙げているポイントを球出し練習でひたすら数打てば質と量が保てて、非常に効率的にレベルアップできますよ!

 

指導を受けたい方は…

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスのサーブはスピードだけではありません!バウンド後のキレが良いサーブを打てると相手のリターンの芯…
  2. コンチネンタルグリップで握ると初心者はまずスライスサーブから練習することが多いでしょう。ボールをこす…
  3. テニスでフォアハンドストロークは最初に習い打つ回数も多いため武器になることが多いです。しかし、逆にス…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP