テニスのスライスサーブを安定させるコツと練習方法を紹介!

コンチネンタルグリップで握ると初心者はまずスライスサーブから練習することが多いでしょう。ボールをこする感覚や回転のかけ方を学ぶのに適した練習方法です。しかし、スライスサーブを正しい打ち方で打てている人はなぜか少ないのです。

 

今回は、そんなスライスサーブを安定させるコツと練習方法を紹介します!

 

スライスサーブはスピン・フラット等の全てのサーブの基本です。コツさえつかんでスライスサーブを正しい打ち方で打てていれば、サーブはどれも基本的に同じ打ち方で上手く打つことが出来るのです。

 

「スライスサーブがどうしても安定しない…」、「ネットに力なく吸い込まれるか、大きくフォルトしてしまう…」、「セカンドサーブになると振れなくなる…」などお悩みのある方はぜひ読んでみて下さい…

スライスサーブを安定させるコツとは?

まずスライスサーブに限らず、肩から手の力を抜いて力まないことが良いサーブを打つ一番のコツです!

 

これだけは実践してください。ほとんどの人が腕に力が入っていてスイングを乱す原因になっています。力が抜けていてラケットが自由に動く状態がベストです。

 

そして、スライスサーブを安定させるコツは、その力が抜けた状態でボールに横回転だけでなく縦にも回転をかけることです!そうすることで、ネットを越した後にボールが急激に落ち、確率良くスライスサーブを入れることが出来ます。

 

逆に、小さな体の日本人は縦回転がかかったサーブでないとキレのあるサーブをコートに収めることが出来ません!カスカスの回転ばかりのサーブであれば、重力と空気抵抗でボールが失速してコートに入れることは出来ますが…。

 

では、どのような練習方法をすれば、スライスサーブに縦回転をかけられる様になるのでしょうか?
Serve

スライスサーブを安定させる練習方法とは?

ボールに縦回転をかけるためにはどうすればいいでしょうか?

 

そのためには、ある1つの腕の動きが重要になってきます!それが、テニスではよく使われる「プロネーション」、腕の回内運動です。

 

しかし、別にこの運動を自分の腕で作り出そうとする必要はありません!なぜなら、力さえ抜けていれば勝手に腕が捻じれてプロネーションが起こるからです。

 

もし、プロネーションが起こらずに俗にいう「巻いている」、打ち終わりが親指側ではなく小指側から返ってくる、状態ならそれは腕に力が入っていると言うことになります!大体のサーブが苦手という人は、この巻く状態になっています。

 

まずはボールがコートに入らなくても力みをなくしてボールを斜め上に投げる意識でラケットを振ってください。すると勝手にラケットが頂点に達した時に腕が「クルンッ」とまわって勝手にフィニッシュの位置にラケットが来るようになるはずです。それが本当のプロネーションです!

 

それが出来る様になったら、あとはスイングの方向を斜め右上にしてボールを後ろから見て左斜め下から右斜め上にこすって、ボールと離れる時にプロネーションが起こるようなイメージでサーブ練習を続けると斜めの回転がかかるようになり、安定したスライスサーブが打てるようになります!イメージとしては、ボールを「グリグリッ」とこすって、最後に「ピッ」とプロネーションでボールを離す感じです。

 

このように、スライスサーブが安定しない人は基本の腕の脱力やコンチネンタルグリップの握り方が出来ていないことがほとんどです。むしろ大体のプレーヤーがこの2つを出来ていません。腕の力は下半身から作りだす運動連鎖を切ってしまうブレーキの役割しかしないのです!

 

テニスを上達したいなら、基本から見直してみませんか…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. テニスでダブルスやシングルスの決め球で重要なボレーの練習は、あまり行われていません。確かに重要度とし…
  2. テニスでは、ネットに近づけば近づくほど角度をつけてエースを取りやすくなります!ネットプレーに着くまで…
  3. テニスのサーブ練習をする際に、手首の使い方が議論されているのを見かけました。確かに手首のスナップが効…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP