テニスのスマッシュの上達法!速度を上げる練習方法

テニスの試合でスマッシュを打つチャンスが来ても、なかなか決めきれないでまたロブが上がってくることがあります。スマッシュを決めるためには、角度とスピードが重要です。角度をつけてコートの遥か外に飛ばすか、球の速度を上げて打ち抜かないとエースをとれないでしょう。

 

今回は、テニスのスマッシュの上達法として、速度を上げる練習方法を紹介します。

 

なかなかラケットの真ん中に当たらない、空振りが怖くてどうしても振れないで当てるだけになっちゃうという人はぜひ読んでみて下さい。

 

プロってめちゃくちゃ脱力して簡単にスマッシュを打っているのに、なんであんなに速く、鋭くボールが飛んでいくのでしょうか?

スマッシュは強く打とうとすると速度が落ちる?!

そう、実はスマッシュに限らず、テニスは強くボールを打とうとすると逆にスイングが崩れて力が伝わらなくなります。

 

皆さんも経験あると思いますが、簡単なスマッシュでもロブは滞空時間が長いため「どこに打とう」、「相手はどこにいる」、「簡単なボールだから強く打ってやろう」など無駄なことを考えてしまいます。

 

その結果、体のあらゆるところが力み、スイングが崩れ、結果的にはスマッシュもミスにつながってしまうのです。これは、試合の時のメンタル的なミスのお話です。

 

このようなメンタルのミスを引き起こすのは、普段の練習でスマッシュをきちんと決めるために練習していないからです。ただ球出しやロブ対スマッシュで打っているだけで、「エースをとる」というイメージを持てていないのです。

 

では、どのような練習をすれば決め球として試合でもスマッシュを打ち抜けるようになるのでしょうか?

Nadal Smash

スマッシュのスピードを上げてエースを取る練習方法

スマッシュに関しては特にこれと言って特別な練習メニューはありません。しかし、意識すべき大切な2つのポイントがあります。それは、「サービスボックス内に叩くこと」、「ポイントを取るために打つこと」の2つです。

 

まず、最初のポイント「サービスボックス内に出来るだけ浅く打つこと」について。これはあくまで目安です。高い打点からなるべくネットのギリギリの高さを通してコートに入れると言うのを意識してください。

 

そうすることで、打点が前になり、ボールを強く叩くことが自然に出来る様になります。大抵の人はボールが本来とるべき打点より後ろにあるのに強くボールを打とうとするからラケットに上手く当たらずにミスヒットになってしまうのです。

 

次のポイント「ポイントを取るために打つこと」について。これは全く持って精神的意味ではありません。例えば、半面でロブ対スマッシュをするなら、どこに打てポイントを取れるのか、どこに打てば自分のミスのリスクが下がるのかを考えて打つことを練習から意識すべきだということです。

 

多分いままでの練習では、上手くラケットに当たったとか、打点が後ろになっちゃったとか自分の事ばかり考えていたと思います。しかし、試合になると相手のことばかり気になっているはずです。ですから、練習の時からどこに打てば得点を取ることに対して一番近づくのかを考えて打つべきなのです。

 

このような練習をすると、自然と精神的な余裕が出てきて、試合中もリラックスした状態で速度を上げてスマッシュを打つことが出来るようになるのです。スマッシュは正しい打点で真ん中にさえ当たっていれば、自然とスピードは上がりますからね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新テニス用品ネットで買うなら…

テニスが上手になる方法
テニスの紫外線対策
テニスの怪我の治療法

ピックアップ!!

  1. 現代のテニスでは、ベースラインからのストロークの安定感が重視され、一時世界のテニスプレーヤーがサーブ…
  2. テニスの試合で、ネットプレーのチャンスが来てファーストボレーも上手く決まって相手を追い込んだ!と思っ…
  3. テニスの球出し練習というと基本の地味なメニューと思われがちです。しかし、球出し練習は、プロでもフォア…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP