テニスのサーブ上達法!スピンサーブの打点と練習方法

「スピンサーブが打てるようになりたいのですが、色んな練習方法を試しても上手くならない。打点もスイングもトスの位置もイマイチよくわからないし…」と上達講座の会員さんに質問されました。

 

そこで、今回はテニスのサーブの上達法として、スピンサーブの打点とその練習方法について解説します。

 

私が良く言うのは、皆さんスピンサーブを特別視しすぎだということです。確かにスピンサーブは高く跳ねたり、スライスサーブと逆の方向に曲がったりと魅力的なサーブですが、決して特別な打ち方や腕の使い方をするわけではありません!

 

テニス上達.comではたくさんのサーブについての記事を書いていますので、他も参考にしてみて下さいね。私の長年の知識を吐き出しているので、情報量に驚くはずです…

スピンサーブの打点とそれを安定させるための練習方法

さて、冒頭でスピンサーブを特別視するなといいました。その理由は、スピンサーブが打てない人はスライスサーブやフラットサーブも正しく打てていないだけだからです。スライスサーブやフラットサーブが正しい足からの運動連鎖を使って、肩から先を脱力したまま打てていればスピンサーブはそのままで打てるものなのです。

関連記事1:サーブの正しいスイングとは?

関連記事2:正しいサーブのプロネーションとは?

関連記事3:サーブの打ち分けのやり方とは?

 

上の3記事を読んでいない方は、先に読んでおくと、より理解が深まると思います。はっきり言いますが、この3つの記事に書いてあることは基本中の基本です。これが出来ていない自己流のままで、サーブの球種を打ち分けようというのは無理な話です。

 

では、基本をおさえたという前提で、話をスピンサーブの打点のそれを安定させる練習方法について紹介します。

イズナーのスピンサーブは、ジョコビッチの頭を超えてしまってます…。(笑)

スピンサーブを安定させる練習方法

先に結論から言うと、どんなサーブも基本的には額の真上にトスを上げて打点するのが理想です。よくスピンサーブを打とうとするとトスの位置が頭の後ろの方にいってしまう人がいますが、相手に読まれますし、入っても力のないカスカスなスピンサーブになってしまいます。

 

でも、おでこの上にトスを上げるとスピンサーブにならないのですが…。という方はスイングの仕組みや打ち分けの正しい方法がわかっていないだけです。

 

先程紹介した記事の中でも書いていますが、サーブの打ち分けは、

 

1.腕がプロネーションしていくどの局面で打つか

2.スイングの方向の速度成分を上と横どちらにもっていくか

 

の2つで成り立っているのです。スピンサーブは足の蹴りのエネルギーをスイングの上方向の速度成分にして、プロネーションが起こっている途中で打てば、勝手に斜め上に跳ねるようなサーブになるのです。

 

スライスサーブはスイングの速度成分が横方向で、プロネーションが起こる前に打てば良いですし、フラットサーブはスイングの速度成分はやや上方向多めでプロネーションし始めに打てばよいのです。

 

ですので、安定した打点でスピンサーブを打てるようになるためには、これら3種類のサーブをおでこの上で常に打ち分ける練習方法に取り組むことです。そうすることで、同じトスで様々な変化が付けられるだけでなく、トスの位置が安定して打点の安定につながります。

 

そして、打点が安定すればサーブ自体の安定にもつながるのです。

 

このようなスピンサーブを特別視していることによって起こる、打点やスイングやトスの位置の悩みはちょっと意識を変えるだけでとても簡単に解決できるのです。

しかし、そのためには自分のサーブを基礎から見直すことが大切です!土台が出来ていない人には全く理解できないすこし高度な内容になってしまったかもしれません。

 

伸び悩む人は、この基礎の土台を大きくするためにもう一度やり直した方が案外近道ですよ!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テニスの本質がギュッとつまった自信作!

最新テニス用品ネットで買うなら…

ピックアップ!!

  1. テニスでスライスサーブは1球目から相手をコートの外に追い出せるとても便利なサーブです。しかし、そのた…
  2. テニスのシングルスの戦術の中でも最近ネットプレーは、点をとるかとられるかのリスクあるプレーになって来…
  3. テニスのサーブの中でキレは重要な要素です!同じスピードのサーブでも、回転量や方向によっては返しやすい…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中
PAGE TOP